ピアノ講師・宮川慎一郎(東京芸術大学大学院作曲専攻卒業)

私は、5歳からピアノを始めました。独学で上達するのが難しいピアノという楽器の性質上、すぐに専門的な先生に紹介して頂き勉強を始めました。

その後、高校生の頃より作曲に関心が移り、作曲・編曲や和声法・対位法などを専門の先生に師事し、音楽大学を目指しました。

音大や芸大の作曲科受験は、内容はもちろんですが、体力的にもハードと言われています。多くの学校では、作曲の実技試験として、和声法と作曲の二つが課せられます。

私が受験した桐朋学園大学では、一つの試験室に缶詰状態になり、和声法に3時間を、作曲には8時間をかけて回答・完成させました。

いずれの音高・音大でもそうですが、作曲関連の試験では時間が限られているため、ペース配分がとても重要になってきます。しかし、基礎的なソルフェージュや楽典、音楽理論、楽式論、管弦楽法、モティーフ展開法などを、ある程度マスターしておけば余裕を持って受験することができます。

当教室では、私をはじめ、趣味〜受験・子供から大人まで幅広いニーズにお応えできるようにレッスンを行なっています。

優れた音楽歴と教育歴を持った講師が指導にあたりますので、子供さんの習い事はもちろん、大人の方の趣味にもオススメの教室となっています。(講師の詳しいプロフィールはこちらへ

(宮川慎一郎)

※なお、私が担当させて頂きますピアノレッスンは、現在、希望者のみとなっております。また、当教室の判断で、ピアノ専門の講師が担当させて頂く場合があります。

体験レッスンお申し込み

「教室や先生の人柄をよく知ってから入室したい!」
それが多くの生徒さんの本音です。

そこで、美ゞ(びび)音楽教室では、2回の体験レッスン(お話などを含めると合計2時間近く)を行っています。

習い事は相性です。
相性の良い先生に巡り合っていただくための時間を、私たちは、惜しみません!

※体験レッスンでは2回で5,000円を頂戴しております。