宮川真唯子(みやがわ・まいこ) ピアノ講師(プレピアノ、ソルフェージュ等も兼任)

1989年生まれ、神奈川県出身。5歳からピアノを始める。

宮川真唯子画像1

桐朋学園大学ピアノ専攻卒業。
音楽学士。

卒業後は、島村楽器音楽教室でピアノ講師を務め、幼児~大人まで幅広いレッスンを行う。

その後、熊川哲也氏が主宰するKバレエ・カンパニーで専属ピアニストに就任。
ここでは日本屈指のダンサーのもと、バレエ・ピアニストとしての演奏活動を行い、チャイコフスキーなど主要バレエ作品の全国公演リハーサルに携わった。

また同バレエ団の恵比寿校に赴任中は、ピアニスト・リーダーを勤め、後進のピアニスト育成にも尽力してきた。

現在、美ゞ音楽教室主宰、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)指導会員。

中高教諭一種免許状(音楽)取得。
ピアノ、室内楽の師に山寺惠子、村上弦一郎の各氏。
夫は、作曲家の宮川慎一郎。


【生徒さんへのメッセージ】
ピアノはオーケストラのように豊かな音色のパレットを持った楽器です。
心の中で描いた音を、表せた時のよろこび。初めてピアノに触れる小さな子どもたちにも、大人になって改めて音楽に向き合う方にも、ずっと大切にして欲しい感覚です。

また、ピアノを通して身につけた演奏の基礎は、全ての音楽を理解する鍵となってくれます。素晴らしい作品の美しさに触れる感動を、レッスンで一緒に味わっていきたいと思っています。

技術と心、それぞれが助け合って力が伸びていくように、一人一人の生徒さんに寄り添ったレッスンを心がけています。

〜♬〜

好きな食べ物は、炊きたてのご飯。
コーヒーとお酒も好きです。
趣味はカフェ巡りと読書です。

夢は雪原を駆けるキツネたちと暮らすこと。
今はキツネに似たぬいぐるみと暮らしています。(真唯子)

インスタグラムネームタグ
Instagramで講師の演奏もご覧になれます♫
講師陣
夫の宮川慎一郎と

宮川慎一郎(みやがわ・しんいちろう) 教室相談役(元作曲講師)

1983年(昭和58年)生まれ。山梨県甲府市出身。

桐朋学園大学音楽学部作曲専攻卒業。
東京藝術大学大学院音楽研究科作曲専攻修了。(音楽修士)

相愛大学音楽学部、桐朋学園大学音楽学部、同大学附属子供のための音楽教室、小林音楽教室(東京都・新宿、麻布、船堀)にて講師を歴任。

美ゞ音楽教室主宰を経て、現在は同教室相談役。
2016年から2019年まで、日本クラシック音楽コンクール審査員(予選・本選・全国大会)。

楽譜はカワイ出版、アスコム、日本トロンボーン協会から出版されている。

受賞歴にピティナ新曲課題曲作曲賞、武生作曲賞入選、トロンボーン・ピース・オブ・ザ・イヤー優勝。

海外での活動では、2013年に韓国ソウルのキョンヒ大学にて作曲講義を行ったほか、インディアナ大学ブルーミントン校(アメリカ)や、アンサンブル・イティネレール(フランス)でも自作品が演奏されている。

中高教員免許状取得。

作曲の師に、故・佐藤公一郎、金子仁美、野平一郎の各氏。
ピアノの師に、木村徹、三瀬和朗の各氏。


【生徒さんへのメッセージ】
美しい曲を作るには、どうしたらよいでしょうか?
作曲の入門書を手に取ると「一番キャッチーなメロディはサビに持って来ましょう」という風なテクニックに関する事が多く載っています。これは間違いではありません。テクニックをきちんと身に付けることは大切です。

しかし本当に美しい曲は、それだけでは出来ません。
本当に美しい曲は、作曲者が「いかに音を愛したか」や「どこまで音楽に愛を空想したか」によって出来ます。
愛されて作られ、愛のこもった音楽は、美しいものです。

レッスンではテクニックにも触れますが、その生徒さんの音への愛を講師自身も掬(すく)い上げられたら、と思っています。
そして、もっともっと音を愛して頂けるよう、生徒さん自身も気づかなかった曲の魅力を伝えたり、曲を発展させるためのアイデアを提示していきます。


レッスン風景