宮川慎一郎 ShinIchiro Miyagawa 作曲・ピアノ講師

1983年生まれ、山梨県甲府市出身。5歳からピアノを始める。

桐朋学園大学作曲専攻を卒業後、東京藝術大学大学院作曲専攻を修了。音楽修士。

相愛大学音楽学部、桐朋学園大学音楽学部、小林音楽教室(東京都)、桐朋学園大学附属子供のための音楽教室で講師を歴任する。現在、美ゞ音楽教室主宰、日本クラシック音楽コンクール審査員。フリーランスにて作・編曲活動を行なっている。

楽譜はカワイ出版、アスコム、日本トロンボーン協会から出版されている。

30歳の時に発達障がいの一種であるADHDと診断されたことから、同じ発達障がいの方や、心の不調に悩まれている方のレッスンにも積極的にあたっている。

中高教員免許状取得。作曲の師に佐藤公一郎、金子仁美、野平一郎の各氏。

  • 担当コース 作曲関連領域(作曲・編曲、和声法・対位法、楽典、楽曲分析、近現代音楽論、音楽史)、ソルフェージュコース、ピアノコース、受験科、研究開発コース

【生徒さんへのメッセージ】
私は発達障がいの一種であるADHD(注意欠陥・多動性障害)です。比較的軽度なため、私とお話した方は「少し変わった面白い人だなぁ」というくらいの印象を受けるようです。
私は30歳の時にADHDの診断を受けました。それまで生き辛さは常にありましたが、私自身が発達障がいだとは思いもよりませんでした。

そのような経緯から、当教室では健常者・障害者を問わず、あるいは年齢や性別や人種を問わず、音楽を愛する全ての方に開かれた教室にしています。そして現在、何らかの心の不調を抱えていらっしゃる方も、通っていますし、様々な方がいらっしゃいます。

「あなたの居場所は、きっとここにあります」

なお私のレッスンでは大人の方を中心に、初心者〜上級者・受験生、ハイアマチュアまで担当させて頂きます。(慎一郎)

レッスン風景

宮川真唯子  Maiko Miyagawa ピアノ講師

1989年生まれ、神奈川県出身。5歳からピアノを始める。

宮川真唯子

桐朋学園大学ピアノ専攻を卒業。音楽学士。

卒業後は、島村楽器音楽教室でピアノ講師を務め、幼児~大人まで幅広いレッスンを行う。この間に発達心理学や幼児教育法に関する研究を行った。

その後、熊川哲也が主宰するKバレエ・カンパニーで専属ピアニストに就任する。
ここでは日本屈指のダンサーのもと、バレエ・ピアニストとしての演奏活動を行い、チャイコフスキーなど主要バレエ作品の全国公演リハーサルにも携わった。

また同バレエ団の恵比寿校に赴任中は、ピアニスト・リーダーを勤め、後進のピアニスト育成にも携わった。

中高教員免許状取得。ピアノ、室内楽の師に山寺惠子、村上弦一郎、藤井一興、J.フランソワ・エイセの各氏。
夫は、教室主宰の宮川慎一郎。

  • 担当コース ピアノ関連領域(ピアノ、バレエピアノ、初見・移調奏、連弾アンサンブル、スコアリーディング、初級和声法)、即興演奏を主とした作曲(希望者)、ソルフェージュコース、受験科

【生徒さんへのメッセージ】
ピアノはオーケストラのように豊かな音色のパレットを持った楽器です。
心の中で描いた音を、表せた時のよろこび。初めてピアノに触れる小さな子どもたちにも、大人になって改めて音楽に向き合う方にも、ずっと大切にして欲しい感覚です。
また、ピアノを通して身につけた演奏の基礎は、全ての音楽を理解する鍵となってくれます。素晴らしい作品の美しさに触れる感動を、レッスンで一緒に味わっていきたいと思っています。
技術と心、それぞれが助け合って力が伸びていくように、一人一人の生徒さんに寄り添ったレッスンを心がけています。(真唯子)

各講師のさらに詳しいプロフィールは、
講師プロフィール(詳細)」へ

講師陣


ADHD(注意欠如・多動性障害)をはじめとする発達障がいについて

体験レッスンお申し込み

「教室や先生の人柄をよく知ってから入室したい!」
それが多くの生徒さんの本音です。

そこで、美ゞ(びび)音楽教室では、2回の体験レッスン(お話などを含めると合計2時間近く)を行っています。

習い事は相性です。
相性の良い先生に巡り合っていただくための時間を、私たちは、惜しみません!

※体験レッスンでは2回で5,000円を頂戴しております。