これまでに寄せられたご質問を掲載しています


Q
美ゞ音楽教室さんの「美ゞ」って、どんな由来があるのですか?

A 「びび」と読みます。晴れ晴れしく、華があり、立派である、といった意味の「美美しい」からとっています。パソコンの変換で出にくい「ゞ」をあえて入れたのは、伝統的で堅実なイメージの教室にしたかったためです。

 

Q 体験レッスンですが、当日は何を持っていったらいいですか?

A これといって特に必要なものはありません。もし今取り組んでいる曲がありましたら、楽譜を持ってきて下さい。体験レッスン料のご用意をお願いいたします。(こども部門でお申し込みの方は、保護者様のご同伴をお願いします)

 

Q 体験レッスンでは、どのようなことをするのですか?

A はじめに、これまでの音楽経験などを詳しくお聞きします。その上で、生徒さんのご希望と、生徒さんに必要と思われるものを整理し、レッスンの方向付けをしていきます。その後、実際のレッスンと同じようにレッスンを行います。
なお、生徒さんのご要望と、講師から見て生徒さんに必要と思われる課題は、初めのうちは必ずしも一致しません。しかしレッスンを継続し、ご相談を十分に重ねることで、生徒・講師間の共通目標が明らかになってきます。この段階まで来ると、生徒さんは自力で大きな発展を見せます。

 

Q ピアノを習いたいのですが、ソルフェージュは必ず受けないとならないでしょうか?

A 副科を受講なさる場合、こども部門に限っては、ソルフェージュを必ず受講していただくようにお願いしております。逆に副科を受講なさらない場合は、ソルフェージュの受講は必須としていません。
一方、体験レッスン時のヒアリングで、生徒さんから「ピアノ演奏だけでなく、音楽全般の基礎能力を身につけたい」といったお話や、「音感を鍛え、複数の和音を同時に聴き取れるようになりたい」といったお話、あるいは「曲の仕組みが分かるようになりたい」などのお話があった場合は、ソルフェージュの受講をお勧めしていします。(詳しくはソルフェージュへ

 

Q 自宅が楽器不可の物件のため、簡易的なキーボードしかありません。大丈夫でしょうか?

A 問題ありません。習い始めるにあたって、すべての環境を最初から整える必要はありません。各々の生徒さんでは、住環境はもとより、受講目的や目標も異なります。そのため、レッスンを半年、一年と継続していく中で、講師から個別にご相談させて頂く場面を作っています。
いずれにしましても、楽器は安いお買い物ではありませんので、疑問に思われることがありましたら講師にご相談ください。

 

Q 美ゞ音楽教室さんでは、発達障がいや、心の不調を抱える方も受け入れていると聞きました。どのような教室なのですか?

A 発達障がいの方も、心の不調を抱える方も、その多くは、社会からの疎外感を感じ、一時的に自信を無くされています。そういった方に対し、私たちは、まず自己肯定感を持って頂けるように働きかけます。そして、音楽での自己表現を通して、自尊心を育んで頂けるようにお手伝いさせて頂いています。
教室主宰である私自身も、軽度のADHDです。そのため、精神疾患に苦しむ方にシンパシーを感じますし、勇気を持ってご来室されたからには、音楽を通してより佳く生きて頂きたいと思っています。
ちなみに現在、障がい者と健常者の生徒数は、約半々です。

 

Q 現在、他教室でピアノを習っているのですが、美ゞ音楽教室さんでも習いたいと思っています。どういう手順を踏んだら良いでしょうか?

A まずは、現在通ってらっしゃる、お教室の先生にご相談をなさってください。色々なお考えの先生がいらっしゃると思いますが、現在の先生の了承が得られないと、うまく引き継ぎが出来ないといった問題が生じます。
また、複数の教室に同時並行で通うことは、当教室では基本的に問題ないと考えていますが、どの教室を主にするか(逆にいうと、どこをセカンドオピニオンにするか)を決めて、ご遠慮せずに予めお伝え頂けると、あらゆるレッスン上の混乱が避けられます。

 

Q 子供を通わせたいと思っていますが、毎回、レッスンに保護者の同伴は必要ですか?また、自宅での練習は、どの程度サポートしたら良いですか?

A 小学5〜6年生くらいまでは、保護者さまにもレッスン室に入って頂き、講師が指摘した箇所や課題についてメモして頂くことをお勧めしています。自宅練習では、そのメモを使いながら、課題解決のサポートをして頂くと良いと思います。
この際、課題を課されている主体は、あくまでも「子供自身である」ということに注意してください。ここは大切なところです。つまり、自分の行動に対する責任は、自分で取らせるということです。
私たち講師は、生徒さんが一週間で、どんな練習を、どれくらいしてきたか、おおよその憶測がつくものです。練習の仕方に問題があれば、それを「(親御さんではなく)本人に対して」指摘しますし、練習量に問題があれば、それも「本人に対して」問いかけます。正直な生徒さんは「今週はほとんど練習できませんでした。ごめんなさい」と言うかも知れません。
すると帰り道、生徒さんは、こう思うかも知れません。「今日のレッスンでは、先生に痛いとこ突かれちゃったな。それに先生って、ちょっと嫌いかも」と。その感情の根底には、後悔と自己反省、講師への恐れと抵抗、そしてレッスン中にずっと口を紡いでいた親に対し、甘えと怒りが混ざり合った複雑な状況が横たわっています。
しかし、これこそが生徒さんにとって「自分がした行動の結果が、自分に帰ってくることを学ぶ絶好の機会」になります。
当教室に限らず、楽器上達に関して非常に上手くいったケースを間近で観察すると、少なくとも思春期ごろまでは、親子二人三脚で取り組まれていることに気づきます。私は、親子二人三脚で生まれる同志の感覚や、子供が一般受験にシフトしたために親御さんからも音楽が奪われ、苦楽を共にした子供との思い出に涙する場面も見てきました。しかし、どの親御さんも、「子供の人生は子供のもの」であり、音楽をやめても、「子供が責任を持って選んだ道ならば」、それを応援しよう、としておられました。
長くなってしまいましたが、最後に一つ。「我が子を本気で野球選手にしたい」と思っている親御さんを想像してみてください。それがこのご質問に対する一番分かりやすい答えかもしれません。

 

Q レッスンを単発(一回限り)で受けたり、不定期に通うことはできますか?あるいは、レッスン時間や頻度を増やしたり、減らしたりすことはできますか?

A まず単発でのレッスンは、基本的にご遠慮いただいています。不定期で通われるのも感心しません。技術や表現力は、同じ周期で通うことでルーティンが形成され、その結果、実力が向上します。
レッスン時間を増やす場合は、10分単位での延長が可能です。頻度を増減させる場合は、基本的にはレッスンプラン変更をお願いしております。

 


体験レッスンお申し込み

「教室や先生の人柄をよく知ってから入室したい!」
それが多くの生徒さんの本音です。

そこで、美ゞ(びび)音楽教室では、2回の体験レッスン(お話などを含めると合計2時間近く)を行っています。

習い事は相性です。
相性の良い先生に巡り合っていただくための時間を、私たちは、惜しみません!

※体験レッスンでは2回で5,000円を頂戴しております。