楽譜私たちは音楽の早期教育・生涯学習の双方を大切にしています。

小さい頃から音楽に触れ、感性を磨き、楽器を扱えるようになることは重要です。

しかし人生のどのタイミングで音楽を始めても、遅すぎるということはありません。

生涯にわたり技と表現を探求し、学び続けることの方が、遥かに意味深いと考えています。

次へ