個人ピアノ教室の探し方って?

今日のテーマは、どのようにピアノ教室を探し、選んだらよいかというものです。
東京都内には個人のピアノ教室は沢山あり、しかも今は、ほとんどの教室が充実したホームページを作っています。

そして困ったことに、先生の経歴を見ても専門的なことしか書かれておらず、レッスン料金にしても同じ地域ではそれほどの差はありません。

では、どのように探していったらよいのでしょうか?

先生の良し悪しは学歴とは無関係

ホームページを見ると、先生の経歴が書かれています。多くが専門的なことしか書かれておらず、一般の方には、よく分からないのではないかと思います。

その中にあって、唯一、見当がつくのが先生の国内での学歴です。
特に、東京芸術大学卒業などと書かれていると、それなりの安心感を持つでしょう。

しかし、待ってください。
確かに東京芸術大学卒業といった方は、かなりの実力があるのですが、教え上手かどうかは全く別問題です。

先生自身の演奏の実力が優れている場合、最初から音楽が相当に出来てしまっていたため、作曲やピアノが上手く弾けない方のことがよく分からず、上手に伸ばしていくことが難しいのです。

そのため、東京芸術大学や桐朋学園大学など、いわゆる一流音楽大学出身の先生は、二十代のうちは教える技術を必死で身につけます。

したがって、そのような先生に習う場合は、三十代以上の先生を探すのが無難です。

先生探しはお医者さん探しに似ている

よい先生との出会いは、お医者さんとの出会いによく似ています。

こんなお医者さんに出会ったことはありませんか?
〜患者さんの立場になって、じっくり親身に話を聞いてくれ、治療に関しては的確で、手際が良い。
そして、専門知識は誰よりも優れているのに、偉ぶらず、どこか愛嬌がある、、、という風なお医者さん〜

ピアノ講師や作曲講師の魅力も、同じようなところにあります。
つまり、良いお医者さんを探すのと同じ要領で、ピアノ教室を探せば良いのです。

皆さんは、どのように良いお医者さんを探しますか?

  • 口コミ
  • 院内の混み具合
  • ホームページの雰囲気
  • 先生の顔写真
  • クリニックの外観
  • クリニックの中の雰囲気
  • 先生の経歴
  • 先生の人柄
  • 先生の手際の良さ
  • 看護師さんの雰囲気
  • 同業者(医師)の間で一目置かれているかどうか
  • 著書やテレビ出演
  • これまでの治療実績

ここら辺がポイントになってくると思います。

個人のピアノ教室や音楽教室で、これらを確かめる方法は二つ。
一つは、ホームページを色々な角度から見ること。
もう一つは、体験レッスンです。

ホームページを見れば、経歴、およその人柄、生徒さんの実績、先生のメディア出演が分かります。
そして、体験レッスンに行けば、教室の外観はもちろん、ある程度は生徒さんの混み具合もわかりますし(とは行っても生徒さんと生徒さんの間に休憩を入れる先生も多いので何もと言えないのですが、、、)、教室内の雰囲気はわかります。

そして何より、実際の先生の人柄と、レッスンの手際の良さがよく分かるはずです。

最終的には相性

たとえば、内科の先生で、経歴は二流、手際も悪くて、行列ができるほど混んでいない先生もいます。

ただ、その先生は、どこか愛嬌があり、自分と馬が合う、ということもあります。

つまり、先生選びの最終的なポイントは、相性に尽きます。

相性の良い先生に習っていると、自分の才能の引き出しが自然と開かれ、自ずと伸びていくものです。
「生徒が上達しないのは先生のせいだ!」という声がよく聞かれますが、これは間違っています。

良い巡り合わせに、恵まれた生徒は、自分の力で伸びていくものなのです。

そのためには、まずは近所のピアノ教室から順に、体験レッスンに行かれることをお勧めします。

レッスン料金は安いほうがお得?

最後にお金の話です。
物事、お金の規模と流れを見れば、その本質がほぼ分かります。
なぜなら、日本は高度資本主義の経済大国だからです。

個人ピアノ教室も当然そのシステムの中にあります。したがって、一般的に、

レッスン料が高めの教室は、それ相応の理由があり、安い教室にはない価値を提供しています。

「安かろう悪かろう」はピアノ教室の世界でも同じなのです。

今日は、個人のピアノ教室選びについて書きました。
どうぞご参考になさってください。