見て楽しむ音楽(1)

音楽は聴いて楽しむだけでなく、見て楽しむこともできると私は思っています。

ソルフェージュの訓練を受けた方なら、楽譜を見て楽しむことができます。

ある時代の現代音楽には図形や絵画のようなもの、あるいは絵画そのものが楽譜に登場していました。

これも見て楽しむことができます。

さらに、これは最近発見したのですが、日本が世界に誇るマンガ。ここにも溢れんばかりの豊かな音の世界があります。

たとえば、荒木飛呂彦先生のマンガ『ジョジョの奇妙な冒険』には、実に様々な音が出てきます。

セリフももちろん音(音声)の一つですが、「ズキュウウウン」や「メメタア」といった効果音(その多くは物理的なものと心理的なものを重ね合わせて、独自な音を作っています)や、「ゴゴゴゴゴゴ」といったホラー音楽のような凄みのある音も聴こえてきます。

見て楽しい音の世界はたくさんありそうです。

(宮川慎一郎)