芸術を評価するということ

ファインアート(純粋芸術)が成立する場には、少なくとも2つの要素が必要です。

一つは、表現者。
もう一つは、鑑賞者です。

当教室は、教育としてファインアートを扱っている以上、どうしても表現者の力(表現する力)と鑑賞者の力(鑑賞する力)を評価する場面が出てきてしまいます。

そこで当教室では、プレイスメント・イグザム(入室時レベル分け試験)と、レギュラー・イグザム(定期試験)という機会を設け、これらを客観的な点数で評価しています。

レベルアップ

表現する力として大切なことは、ファインアートの観点から固有のものがあるかどうかです。印象に残る演奏、ユニークな作品、冒険的な表現、音に対する鋭敏な感性、大胆な筆使い、はみ出した個性。あるいは、それらの兆し。こういったものを尊びます。

鑑賞する力として大切なことは、表現者の思いを汲み、何を訴えているか耳をすますことができるかどうかです。音楽に寄り添って聴く姿勢、他者を理解しようとする態度、作曲家の意図を推し量ろうとする感性、芸を評論する知性。こういったものを重視します。

表現する力と鑑賞する力はまったく別個のものではなく、互いに重なり合う部分を持っています。また互いに作用し合うものでもあります。

そしてもう一つ、とても重要なことがあります。

それは二つの力(表現・鑑賞)を磨き続けること。すなわち継続する力です。これは音楽に対する熱意と愛情に裏付けされています。

表現する力・鑑賞する力、これら2つを総合的に判断させていただくのが、プレイスメント・イグザム(入室時レベル分け試験)です。

また、表現する力と鑑賞する力を磨き続け、継続した結果、さらに次のステップに到達できたか判断するのがレギュラー・イグザム(定期試験)です。

なお、プレイスメント・イグザムは、体験レッスンでの学びを踏まえた上で、これといった準備の必要がないものにしています。

体験レッスンお申し込み

「教室や先生の人柄をよく知ってから入室したい!」
それが多くの生徒さんの本音です。

そこで、美ゞ(びび)音楽教室では、2回の体験レッスン(お話などを含めると合計2時間近く)を行っています。

習い事は相性です。
相性の良い先生に巡り合っていただくための時間を、私たちは、惜しみません!

※体験レッスンでは2回で5,000円を頂戴しております。