対位法は一つのメロディラインや、それが積み重なってできた複数のメロディライン同士のあり方に関する学問です。音楽を水平次元から考察するもので、メロディ同士が独立性を持ったポリフォニー(多声音楽)と深い関係を持ちます。

スコア

ノエル-ギャロン、マルセル・ビッチュ:『対位法』より転回可能カノン

対位法は主にポリフォニックに書かれた音楽の構造を知る手がかりになり、ピアノでも作曲でもある程度必要な勉強です。

対位法を習得するには一定の規則に則って課題を解く必要があります。具体的には(厳格対位法の場合)、一本の五線に書かれた課題(定旋律またはcantus firmusといいます)に別のメロディラインをつけていき、おおよそ2声~8声の形に積み重ねます。

このコースでは厳格対位法、パレストリーナ様式の対位法、J.S.バッハ様式の対位法(コラール、フーガ、自由対位法あるいは器楽的対位法)を学びます。

本コースでは副科の作曲コースソルフェージュコースなどの同時受講をお勧めします。

 

 

レッスンと料金へ

講師プロフィールへ

美ゞ音楽教室トップへ

体験レッスンお申し込み

「教室や先生の人柄をよく知ってから入室したい!」
それが多くの生徒さんの本音です。

そこで、美ゞ(びび)音楽教室では、2回の体験レッスン(お話などを含めると合計2時間近く)を行っています。

習い事は相性です。
相性の良い先生に巡り合っていただくための時間を、私たちは、惜しみません!

※体験レッスンでは2回で5,000円を頂戴しております。