小学生〜中学生までを対象に、ピアノ演奏に必要な課程を一から段階的に習得していきます。

当教室では、入室なさった生徒さんの持ち味に合わせてレッスンを行なっていきます。
そのため、ピアノ学習のメソッド(多くは数巻から成る学習教程本)も、生徒さんに適したものを厳選しています。

当教室で扱う代表的なものでは、『新版 みんなのオルガンピアノの本』(ヤマハ)、『トンプソン 現代ピアノ教本』(全音)、『ぴあのどりーむ』(学研)、『バスティン ピアノ ベージック』(東音企画)、『Miyoshi ピアノ・メソード』(カワイ)などがあげられます。

ピアノ

各メソッドでは、学習者へのアプローチや着眼点が異なり、それぞれに特色があります。

しかし、いずれも楽譜の決まり事や、基礎テクニックを学ぶためのもので、ピアノ学習の中心的教材にあたるものです。

それに加え、『バーナム ピアノテクニック』、『ハノン』、『ピシュナ』、といった指の運動性を重視した教本や、『チェルニー』、『ブルクミュラー』、『モシュコフスキー』といった指の音楽性を重視した教本を併用することで、ピアノ演奏に必要な身体性と音楽性を高めていきます。

そして、バッハの平均律、ハイドン・モーツァルト・ベートーヴェンのソナタ、ショパンの練習曲などを目標にしていきます。


もう少し詳しく知りたい!

本コースでは、上記のようにピアノ演奏の基礎を重視しています。
そのため、レギュラー・イグザム(定期試験)では、24調のスケール(音階)やアルペジオ(分散和音)の課題もレベルによって課しています。

しかし一方で、淡々とした練習によって、応用力を欠いてしまったり、息苦しさを覚える生徒さんも多くいます。
そこで、発表会などの機会を利用して、様々な時代・作風のコンサートピース(愉しみのある曲・作品性の高い曲)にも取り組み、幅広い表現力を養っていきます。

また、従来のピアノ学習法に縛られず、早期から様々な響きの音楽に触れるため、上記の作曲家以外にもスカルラッティやクープランやラモー、シューマン、ブラームス、リスト、フォーレ、ドビュッシー、ラヴェル、チャイコフスキー、スクリァービン、ラフマニノフ、プロコフィエフ、バルトーク、現代の作品などにもチャレンジしていきます。
(これらの作品を選曲する上での規模や難易度は生徒さんの進度によりますが、まずは短くて簡単な曲からチャレンジしてみます)

レッスンでは、生徒さんの短所を克服させようとするよりも、長所に目を向け、それを伸ばすことに気を配っています。
そして、専門家を目指さない生徒さんも、日常生活に自信を持てるような、いわばピアノが特技になるような指導を心がけています。

 

レッスンと料金へ

講師プロフィールへ

美ゞ音楽教室トップへ