発達障がいについて(ADHDを中心に)

ADHDとは注意欠如・多動性障害のことです。
発達障がいの一種として精神科等で診断・治療を行うものですが、ADHDの場合は、それ自体が病気というよりは、社会に置かれた時に、はみ出してしまう強い個性とお考え頂いてよいと思います。
昨今では、社会的にも、かなり認知されるようになりました。

ADHDが社会的に広く認知されるきっかけになったのは、アニメ『ドラえもん』に出てくる「のび太」と「ジャイアン」の例え話です。
注意欠如が目立つタイプを「のび太」、多動が目立つタイプを「ジャイアン」として語られてきました。

のび太タイプの場合、日常生活では集中力を持続することが困難なため、一つの作業をミスなくやり遂げたり、期限通りに終わらせることが苦手なケースがあります。
また物事を整理したり、優先順位をつけることが苦手なため、部屋の片付けや時間に対してルーズな側面もあります。

その一方で、あらゆることに好奇心旺盛で、一度興味を持ったことにはとことん集中するケースも多く、基本的には真面目な性格の方が多いのも特徴です。
また、その興味の対象と、その方の特性が上手くマッチした場合、優れた業績を残す場合もあります。代表的な音楽家の例では、W.A.モーツァルトやE.サティなどが有名です。(サティの場合は、自閉症スペクトラムだったと結論付ける病跡学的研究もあります)

ちなみに、私は「のび太」タイプです。

ところで、ADHDを含む発達障がいには、二次障がいといわれるものがあります。

二次障がいの個人差は大きいですが、光や音などによる疲れやすさ、パニック発作、過度な不安と緊張、偏頭痛、不眠症・過眠症、うつ状態(双極性障がい)などがあります。

こういったことに悩まされている方は多く、特にうつ状態などは表立った症状であるため、それが切っ掛けとなって精神科を受診するケースも多いようです。(もちろん、うつ状態の全てのケースで発達障がいがベースにあるとは限りませんので、専門医の判断を仰ぐ必要があります)

発達障がいにおける二次障がいは、状態の良い時と悪い時の落差が大きく、その状態変化の波は24時間の中でも起こり得ますし、数日〜数年という大きいスパンでも起こります。

発達障がいを持たれている方は、社会生活を送る上で、確かに様々な困難に直面することがあります。軽度である私自身の経験を踏まえても、それは否めません。
しかしマイナス面ばかりに目を向けず、一つの個性としてポジティブに捉えれば、良き人生を送ることができると信じています。

当教室では、私自身のそのような経験から、発達障がいや、心の不調に悩まされている方を積極的に受け入れています。これまでも、ここには書ききれないくらい、様々な精神的不調を抱えてらっしゃる方と出会い、レッスンを行い、互いに学び合ってきました。
もちろん、そういった方に限りませんが、音楽教育が社会に対して何らかの貢献が出来ればと願っています。

発達障がいや、心の不調について悩まれている方で、もし音楽に関心があり、私たちの教室にご興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、是非お話しにいらしてください。

美ゞ(びび)音楽教室主宰・宮川慎一郎

 

よくあるご質問の中で、
発達障がいや心の不調を抱えた方との出会い、レッスン方針、そして受け入れについての注意事項に触れています。これらで入室をお考えの方は、ご一読をお願いいたします。

 

美ゞ音楽教室トップへ

『ADHDな夫と、まいこ先生の楽しいくらし』(4コマまんが)へ

体験レッスンお申し込み

「教室や先生の人柄をよく知ってから入室したい!」
それが多くの生徒さんの本音です。

そこで、美ゞ(びび)音楽教室では、2回の体験レッスン(お話などを含めると合計2時間程度)を行っています。

習い事は相性です。
相性の良い先生に巡り合っていただくための時間を、私たちは、惜しみません!

※体験レッスンでは2回で5,000円を頂戴しております。