良いピアノレッスンとは?(ある男の子のお話)

中学生になってピアノを始めた男の子

ある夏の日、私のところへ男の子がやってきました。中学一年生。趣味でピアノを習いたいという希望でした。(プライバシーの観点から人物設定を変えています)

ご両親を交えて、詳しく話を聞いてみると、彼はその年の4月に中高一貫の私立学校に入学し、そして中学一年生の雰囲気も分かってきたので、ずっと憧れだったピアノを始めたいとのことでした。
彼は部活動に所属していなかったので、放課後、時間的余裕があったこともピアノを始める後押しになったと思います。

彼は聡明で知的な人物でした。だから初心者とはいえ、サクサク進んでいけるテキストが良いと思い、トンプソンとバーナムを主軸にレッスンを開始しました。
予想は的中。彼は半年でトンプソン一巻を終え、その頃にはアウフタクト奏法やスラースタッカートなども引き分けられるようになり、さらにⅠ度・Ⅳ度・属7など数種類の和声を聞き分けることが出来るようになりました。
当然、幹音による音階は完璧でした。(私のピアノレッスンでは、初級で幹音だけを用いる音階練習の際、ハ長調だけでなくドリア旋法などの教会旋法も取り入れています)

友情と憧れ、師弟と隔たり

彼が通い始めて一年くらい経ったある日、彼は初めて連絡なしにレッスンを休みました。こういう場合、生徒さんは何かしら無意識のメッセージを講師に送っている場合が多いのです。

それまでの彼との関係は、友情に似たものがありました。近所の年の離れたお兄ちゃんと言ったところでしょうか。妻にも懐いていましたし、私に対して、ある種の憧れを持っているように感じられることもありました。

ただ、馴れ合いになってしまうと、授けられるはずの技術も授けられないので、あるところでは師弟として線を引いていました。そして程よい距離感を保つことに注意を払いました。

電話でお母様からお話を聞き、察するところによると、どうやらその距離感が、彼にとってみれば、先生が最近熱心に教えてくれないと感じられたようで、もっと友達みたいな憧れのお兄さんみたいな感じでいて欲しかった、そのように私には解釈されました。
つまり、無断欠席は彼なりの抗議だったのでしょう。私も考えさせられました。

レッスンの時間と教育の時間

彼は次のレッスンに何事もなかったように現れ、一言「先週はすみませんでした」と言い、そして、いつものように笑いながら挨拶し、弾き始めました。彼も彼で照れ臭かったのでしょう。

ピアノのレッスンには、ピアノを実際に弾いてレッスンしている時間と、教育している時間があります。私はこのどちらもが大切だと思っています。
レッスンの時間では、作品に対する洞察、それに必要なテクニックの洗い出し、そのテクニック習得に必要な練習の仕方を教えていきます。また広い意味では、作曲家や音楽への理解、表現行為について考えるきっかけを与えます。

しかし、表現行為について話し始めると、必然的に教育の時間に繋がっていきます。表現は人の在り方の表象であり、そこに介在するためには教育というか、単にレッスンというには濃密な、よりじっくりした時間を共有することが必要だからです。

レッスンの時間と教育の時間は、切り離せるようでいて、底の部分で繋がっています。
そのことを忘れずに両者を大切にし、また講師が自分の心の動きをよく洞察し、そして生徒さんと対峙できたら、それこそが良いピアノレッスンと言えると私は思っています。(宮川慎一郎)

レッスンと料金へ

講師プロフィールへ

美ゞ音楽教室トップへ