ピアノの練習をする気が起きない時は?子供編①(小学生以下)

今日のお話は、お子さんをピアノ教室に通わせている方なら、どなたでも経験のあるお話だと思います。

レッスン日を前に、一向にピアノ練習をする気のないお子さんを目にするとき、その親御さんの心は不安と焦りでいっぱいになってしまうものです。
そして、ついつい、口うるさく言ったり、練習を手取り足取り手伝ってしまいます。

そんな時、どのように立ち回るのが良いのでしょうか?

コーチングの専門家である菅原裕子さんは、著書『子どもの心のコーチング』(PHP文庫)の中で、次のような興味深い問いかけをしています。

『目の前に飢えている人がいるとき、あなたはその人に魚を釣ってあげますか?それとも釣り方を教えてあげますか?』

菅原さんは、著書の中で前者(釣ってあげること)を「ヘルプ」と名付け、後者(釣り方を教えてあげること)を「サポート」と名付けました。

菅原さんは、親子関係で起こりがちな「ヘルプ」の具体例として、「子供がすべき事を親が逐一指示する」、「子供の問題を全て親が解決する」などを挙げ、これらを問題視しています。
一方の「サポート」は、子供の人生を子供に任せていくことであり、子供の自発的行動を親が待つべきであると述べています。

私は、サポートという概念は、子供の「PDCA」を親が見守ることに似ていると思っています。

PDCA」とは、

  1. Plan=計画
  2. Do=実行
  3. Check=評価
  4. Action=改善

を意味する用語ですが、私は、これが子供のピアノ習得にも活かせると思っています。

では、実際の子供のPDCAはどんなものでしょうか?
彼らが自分からピアノの鍵盤を触る時は、これと言った「Plan=練習計画」がないまま「Do=弾いて」終わってしまいます
小学生くらいでも、Do=弾く」したものの、何となく「Check=自己評価」しただけで満足してしまうものです。
私たち大人からすると、「練習って、本当に、それで良いの?」という風に映りますね。つまり不完全なPDCAです。

ただ、待って下さい。
仮に子供に明確なPlanがなく、投げやりなDoだけで練習を終わらせてしまったとしても、一旦は、それで良しとしてあげて頂きたいのです

そして、PlanDoの良かった点を言葉と表情で伝え(何かしら良い点はあるものです)、子供のピアノに対するプラスの感情を引き出します
その上で、練習にはPlanを練って始めることも大切だし、時間を区切ってDoすることも大切。他にもCheckやActionてのもあるんだよ、ということを、徐々に教えていって頂きたいのです。(これは、もちろん私たち教師の役割でもあります

話は少し逸れますが、音大のピアノ専攻生でも、「Do=譜読みして音にする」と、主観的な「Action=改善」しかやらない(する習慣がない)学生がいます。
彼らは幼少期の頃から、「Plan=練習計画」も、客観的な「Check=演奏評価」も教師がずっと与え続けてくれたので、習得する必要がなかったのです。彼らは、まるで、口を大きく開けながら親鳥をひたすら待つ雛鳥のような印象があります。

少し皮肉な言い方になってしまいましたが、私はそれだけ「PDCA」の意義を子供に伝え、いかに機能的に回っているかを見守る、つまり「サポート」することが大切だと思っているのです。

今日は、ここまで。

次回は、

  • 「ピアノの練習をする気が起きない時は?子供編②(小学生以下)」

と題し、練習にほとんど前向きになれない子供にどう向き合ったら良いかを考えていきます。(宮川慎一郎)

レッスンと料金へ

講師プロフィールへ

美ゞ音楽教室トップへ

体験レッスンお申し込み

「教室や先生の人柄をよく知ってから入室したい!」
それが多くの生徒さんの本音です。

そこで、美ゞ(びび)音楽教室では、2回の体験レッスン(お話などを含めると合計2時間程度)を行っています。

習い事は相性です。
相性の良い先生に巡り合っていただくための時間を、私たちは、惜しみません!

※体験レッスンでは2回で5,000円を頂戴しております。