ピアノ教室で和声法などの音楽理論を習う重要性

今日は、ピアノなどの音楽を習っている方にとって、音楽理論の習得がどのような重要性を持つかという話題です。

まず、音楽理論とは、音楽についての経験的・実践的認識を背景に、その諸要素を理論的に構築したものです。

もう少し噛み砕いて言いますと、音楽で感じたことを、言葉と理屈に置き換えたものが音楽理論であるということができます。

試しにピアノで、ドミソという和音と、となりのレファラという和音を弾いて、聴き比べてみましょう。

さて、どうでしょうか?

ドミソより、レファラの方が全体的に「音が高い」と感じますが、ドミソの方が「音が明るい」と感じませんか?

では、「レファラの方が音が高いこと」と「ドミソの方が明るいこと」を理論立てて説明できないか考えてみましょう。これは少し難しいですね。ここでクラシック音楽の祖先たちは、周波数と振動比率の概念を取り入れて、この現象を理論的に説明しました。

そして、和音に関する事柄について、「これこれ、こうだから、こうで」、「だから、こういうことが言えて」、「それは、これとこういう関係を持つ」という風に体系化したものが、楽典や和声法(和声学)という音楽理論になりました。

音楽理論にはこのほかに、対位法、楽式論(形式論)、管弦楽法(楽器法)、また広義には旋法、リズム論、時間論などがあり、1945年以降ではセリーやスペクトル解析なども含まれます。

作曲を習う生徒さんにとって、これらが重要であることは明白ですが、ピアノを習う生徒さんにとっては?とも思えます。

実際のところは、どうなのでしょうか?

その答えは、実は、すでに上の方に出てきています。ドミソという和音と、レファラという和音のお話です。

ドミソとレファラが違うということは、幼児さんにはかろうじて分かりますが、どう違うかまでは分かりません。個人差もありますが、小学生くらいになって言葉が発達してくると、明るい暗い・高い低いがようやく分かるようになってきます。

しかし、ピアノを弾く上では、二つの和音の違いを具体的に認識できないと、聴き手に対し、その音楽を正しく伝えることができません。つまり、自分がよく分かっていない話を、人に分かるように伝えることが不可能なのと同じ理屈です。

これがピアノを習う方にとって、音楽理論が重要である理由なのです。そして、これらの理論は、ピアノ演奏法にも実は大きく関与しているのです。

(そのため、逆説的ですが、小さい頃から感覚が非常に優れ、言語能力にも長けた、ごくごく一握りの方にとっては、音楽理論はさほど重要ではないとも実は言えます)

(宮川慎一郎)

【こども部門ピアノ科】【おとな部門ピアノ科】

美ゞ音楽教室トップへ

体験レッスンお申し込み

「教室や先生の人柄をよく知ってから入室したい!」
それが多くの生徒さんの本音です。

そこで、美ゞ(びび)音楽教室では、2回の体験レッスン(お話などを含めると合計2時間近く)を行っています。

習い事は相性です。
相性の良い先生に巡り合っていただくための時間を、私たちは、惜しみません!

※体験レッスンでは2回で5,000円を頂戴しております。