作曲のレッスンで教えられないことって?

作曲のレッスンで生徒さんに直接教えられないことは、実は、いくつかあります。
その一つに、作曲の最初の取っ掛かりになる「作ろうとする曲のイメージやアイデア」というものがあります。

以前、私は大学で、作曲法演習の授業を受け持っていたことがありました。
この授業の目標は、作曲初学者の学生を対象に、24小節程度のピアノ曲を制作することでしたが、たった24小節であれ、曲を作るということは、初学者にとって大変困難なことです。

その最大の理由は、特に作曲初学者にとって、作曲の取っ掛かりになる「イメージやアイデア」を見い出すことに膨大な時間と想像力を費やす必要があるからです。

ところが、講師にとって、各々の生徒さんに「イメージやアイデア」を直接教えることは、まず不可能です。なぜなら、講師がそれを教えてしまうと、作品の根幹となる部分が学生のものではなくなってしまう恐れがあるからです。

そこで、私たち講師にできることは、生徒さんに先人の音楽(例えばベートーヴェンなど)を楽曲分析などを通じて紹介し、それを叩き台にしてもらった上で、作曲の「イメージやアイデア」を見出してもらうことに尽きます。

そして、その上で作曲された生徒さんの作品に対し、講師は助言や音楽的アプローチをしていくのです。

生徒さんの作曲の力が伸びるかどうかは、最終的には、生徒さん次第です。
つまり、いかに古典から学び、いかに教師の助言から必要なところだけを取り入れるか。そこに生徒さんの伸びしろがあるのです。

一方、私たち講師も、様々な生徒さんの作品に対して、助言やアプローチを試みるわけですが、その中で生徒さんの創作意欲を刺激したであろうアプローチを常に察知することに努めています。そして、その経験の蓄積を元に、また新たな生徒さんのレッスンに応用していくのです。
つまり、私たち講師の伸びしろも、最終的には講師次第なのです。

美ゞ音楽教室の講師は、日々、生徒さんから多くを学び、自身を省みる中で、より良いレッスンを心がけています。(宮川慎一郎)

体験レッスンお申し込み

「教室や先生の人柄をよく知ってから入室したい!」
それが多くの生徒さんの本音です。

そこで、美ゞ(びび)音楽教室では、2回の体験レッスン(お話などを含めると合計2時間近く)を行っています。

習い事は相性です。
相性の良い先生に巡り合っていただくための時間を、私たちは、惜しみません!

※体験レッスンでは2回で5,000円を頂戴しております。