ソルフェージュって何をするの?

ソルフェージュって耳慣れない言葉ですね。
ソルフェージュ(solfège)とはフランス語で、主にフランスを中心に発展してきました。

ソルフェージュを一言で説明するなら、「音楽の基礎能力をつける訓練」と言えます。とはいえ、まだまだ、ピンと来ない方もおられると思います。

では、ここで、スポーツのサッカーを例にご説明いたします。

サッカーの試合をするには、自分が受け取ったボールを「適切なチームメート」に、「適切なタイミングでパス」する必要があります。

これはピアノ演奏に置き換えれば、「演奏される音楽に合うよう」に、「指や身体を適切にコントロールするテクニック」に通じるものがあります。

しかし、仮に、サッカー選手に一試合こなすだけの基礎体力(走り続ける筋力)がなかったとしたらどうでしょうか?

これでは、試合が成立しませんね。

つまり、ソルフェージュは、サッカーでいう基礎体力を養う「実地訓練」だと思っていただけると良いでしょう。

サッカーが仲間とのチームプレーが大切であるように、音楽もまた、聴衆や共演者とのチームプレーが大切です。その基礎を基礎能力から支えるものが、ソルフェージュなのです。

なお、当教室では、桐朋学園大学および同大学附属子供のための音楽教室のソルフェージュメソッドを主に用いています。

また同時に、昨今、日本でも浸透して参りましたフォルマシオン・ミュジカルもレッスンに取り入れています。

体験レッスンお申し込み

「教室や先生の人柄をよく知ってから入室したい!」
それが多くの生徒さんの本音です。

そこで、美ゞ(びび)音楽教室では、2回の体験レッスン(お話などを含めると合計2時間近く)を行っています。

習い事は相性です。
相性の良い先生に巡り合っていただくための時間を、私たちは、惜しみません!

※体験レッスンでは2回で5,000円を頂戴しております。