耳せんと音楽と美術展

私は耳せんを持ち歩いています。電車に乗ったり、街に出たり、買い物をするときなどに役立ちます。

耳せんをすると、雑音が遮断され、注意散漫になりにくく、集中しやすいのです。

それに疲労予防と頭痛予防もしてくれます。頭が疲れるのを予防してくれるのです。

私のようにADHD(注意欠如・多動性障害)だったり、発達障害を持っている人の中には、音に異様に敏感(または鈍感)な人がいます。特に大音量が苦手だったり、甲高い音が苦手だったりという場合は多いです。

私は音楽をやっている関係で、音を聴かなければならない機会は多いのですが、苦手な音色・高さ・強さ・音の様子があります。(家で妻が弾くピアノも、曲によりますが、だいたいは大変苦手です。これは音楽夫婦のジレンマです)

また、じっと座っていることも苦手なので、実は、コンサートは好んで聴きません。特に、どんな音が出て来るや知れないコンサートで、なおかつ長時間拘束されるタイプのものは極力避けています。

基本的に静かな場所が好きなのです。そして、いつ立ち去ってもいい状況が好きなのです。

これって如何なものか、とも思うのですが、仕方ありません。

私は、音楽は美術展のように、聴き手を拘束しないものが理想だと思っています。

その上、じっくり聴きたい音楽とすれ違ったら、立ち止まって、耳を開いて聴けば良いと思うのです。

(宮川慎一郎)

体験レッスンお申し込み

「教室や先生の人柄をよく知ってから入室したい!」
それが多くの生徒さんの本音です。

そこで、美ゞ(びび)音楽教室では、2回の体験レッスン(お話などを含めると合計2時間近く)を行っています。

習い事は相性です。
相性の良い先生に巡り合っていただくための時間を、私たちは、惜しみません!

※体験レッスンでは2回で5,000円を頂戴しております。