ピアノのペダルはいつから使えるか?

幼いうちからピアノを習う上で大変だと思うことは、小さな身体で大きな楽器を弾くことです。

指の扱いに注意が向きがちですが、同じくらい大切だと思うのは足の扱いです。

大人になってからではイメージしづらいかもしれませんが、試しに足を浮かせたまま手を動かすと、重心が落ち着かないのがわかると思います。ですから、まだ身体の小さな生徒さんには、必ず足台を使ってもらっています。

「全身を使っている」という感覚は、幼いうちから身につけたいもの。

私の考えでは、音色の表現が豊かなピアニストは、必ずペダルが上手です。

そして、ペダルが上手なピアニストは、耳が良い。

自分の鳴らす音に興味が出たら、「こっちの方がきれいだな」なんてことを自ら考え工夫することをし始めたら…

その時が、ペダルを使い始めるタイミングではないかと、私は考えています。

(真唯子)

体験レッスンお申し込み

「教室や先生の人柄をよく知ってから入室したい!」
それが多くの生徒さんの本音です。

そこで、美ゞ(びび)音楽教室では、2回の体験レッスン(お話などを含めると合計2時間近く)を行っています。

習い事は相性です。
相性の良い先生に巡り合っていただくための時間を、私たちは、惜しみません!

※体験レッスンでは2回で5,000円を頂戴しております。